【カムイノミ~カムイへの祈り】オールマイティ(北海道・アイヌの神々)



カムイノミとは、カムイ(神)に祈りを捧げる行為を意味します。

【カムイノミ ~ アイヌからの祈り】は北海道のアイヌ民族が信仰している【カムイ】の神々の中で
【自然神と地神など】のエネルギーと繋がる為のエネルギーです。

様々な種類のカムイ(神)がいます。それ故とてもオールマイティに使用できます。

使用方法、ヒーリング方法は、一般的なヒーリング方法、お好きなヒーリング方法で構いません。
セルフ・対面・遠隔リアルタイム・コールインメゾット全ての方法で使用できます。

カムイには、自然神と地神の他に【動物神】【物神】【植物神】【憑神などの怖い神】等が存在し
中には人間にとって不利益な神なども存在します。
解かり易い表現で例えるならカムイは【八百万の神】と言った存在です。

主な使用方法は、【一般的なヒーリング】【お願い事をする】
【導き、智慧、啓示がを求める】【物質にカムイのエネルギーをチャージする】
【各カムイとコミュニケーションとる】等

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【受講資格】レイキセカンド以上推奨

所要時間】10〜15分程度

【他者伝授】出来る様になります。

【テキスト】13ぺージ

【コールインメゾット】 通常料金 : 5000円 ☆彡

※他者伝授の際の下限価格は 5000円です。

※リアルタイム、ご希望の場合は +500円で承ります。

※Venus Fontiny☆彡のオリジナルエネルギーの注意事項を必ずお読みになりお問い合わせ下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■■■ 繋がれる カムイ一覧 ■■■

 ※カムイの名前は、地域などによって違う事もあります。

※マニュアルには、Venus Fontiny☆彡が繋がった際の感じた事等も記載しています。

 【国の創造神・地の男神】コタンカラカムイ/モシリカラカムイ

 イカカラカムイと共に天界から降りて、大地(アイヌモシリ)と人(アイヌ)と動物を創造した男性神。
原初の創造神というわけではなく、兄弟や、目上の神も存在する。

 【国の創造神・天の女神】イカカラカムイ/イカッカラカムイ

 コタンカラカムイと共に天界から降りて大地(アイヌモシリ)と人(アイヌ)と動物を創造した。
植物の神。花の創造神。西の女神。西渡島を創造した。神の姿に似せた人を造った神。

【火の女神】アペフチカムイ

 アイヌ民族のカムイ神への祈りは、まずはアペフチカムイへの祈りから始めるという位
アイヌの民にとって最も身近で尊い火の神。

一日のはじまり、猟や狩りに出るとき、催事を行うときなど、必ず最初にアペフチカムイに祈ります。

火は人間に温もりや灯りを与え、その熱で料理等させてくれるだけではなく、
人間の祈りや訴えや願いを聞き入れて他のカムイへ伝える橋渡しの役割をしてくれます。
老婆の姿をしていると言われています。

【水を司る女神】ワッカウシカムイ

 アペフチカムイ(火の神)並ぶ最高位のカムイで水にいる女神。

夜に外出する際に川にかけられた橋の上を渡る際、小石を投げてワッカウシカムイを起こし祈りをすると、
無事に戻って来られると言われています。

川の水は彼女(ワッカウシカムイ)の乳であり、彼女の住まいでもある為、
川の中で洗濯をする等の川を汚す行為、生理中の女性の入水は、固く戒められてきました。
夜中に水を汲みに行く等の場合も、寝ている彼女をびっくりさせないように水面を軽く叩いて
優しく目を覚まさせてから水を汲んだりしていました。 

【太陽・日の女神】ペケレチュプカムイ/トカプチュプカムイ/ペケレチュプ

 月の神クンネチュプとともに生まれた神。
太陽の恩恵で得られる祈りをする際にペケレチュプカムイに祈りを捧げられてきました。

【月の女神】クンネチュプカムイ

 「夜に輝くカムイ」の意味の名を持つ女神。

【ハルニレの女神・火を産んだ女神】チキサニカムイ

 ハルニレの大樹に宿った女神。コタンカラカムイ(国の創造神・地の男神)の娘であり、
地上に火を産んだ神。アイヌラックル(人祖神)の実母とも言われている。

【神々の国と人間界とを仲介する人祖神】アイヌラックル/オキクルミ/オイナカムイ

地上で初めて誕生した神で、地上と人間の平和を守る神。文化英雄の役割を持つ神。

【天地創造の男神】モシリコロカムイ 

【国造り・村の守りの神】コタンコロカムイ(シマフクロウ)

シマフクロウを顕現化した神で村を見守る役目があるとされる。かなり早い段階で生まれた神で、
地の底より這い出し魔神たちに目を光らせいる。

 【村の守りの神レェプカムイ(オオカミ)

 オオカミを顕現化した神で村を見守る役目があるとされる。地の底より這い出し魔神たちに牙を光らせいる。

【先祖代々の神】パセオンカムイ

【大地・山・木の女神】シリコロカムイ

 真の樹を司る神、樹齢を重ねた樹に宿るとされる、大地を司る女神。

【上の空を支配する神】リクンカントカムイ

【下の空を支配する神】ランケカントコロカムイ

【神の国の風の女神】ピタカカムイ

 神の国の風の女神。思いのままに空を飛び、風をおこしたと言われています。

【海を司る神】アトゥイカムイ 

【河口を司る神】チワッコロカムイ

【湖や沼を司る神】トーコロカムイ

【川を司る神】ペッオルンカムイ

【海岸を司る神】マサッコロカムイ

【狩猟の守護神】ハナウウクカムイ 

【魚授ける神】チェブサンケカムイ

 チェブサンケカムイが大きな袋を持ち、川や海等に魚を放流していると考えられています。

【獲物授けの神】ユクサンケカムイ

 魚屋な鹿などの獲物を袋から出し人々の食料を与えてくれる神。

 【穀物の神】ヌサコロフチカムイ